アクリル絵の具の特徴タイトル

紙やキャンバスだけじゃない!

・ ・ ・


アクリル絵の具の特徴1

水彩紙、ブロック紙、キャンバス

額に入れて飾りたい、木枠に張ったキャンバスに描きたい、という普通かつ王道的な画面づくりに。絵の具の乗りが一番良いですね。普通に。とても普通。安心。

アクリル絵の具の特徴その2がっちり固まる

乾けば触れても大丈夫!

ダンボール、木工作品などなど、固まるのが早く乾けば濡れた手で触れたってにじまない、そんなアクリル絵の具の特性を最高に活かせる工作づかいは超楽しいです。

 

下地を塗って鮮明にも

木目や材質を活かすのも楽しいですがアクリルの発色の良さを出したい時は真っ白な下地剤を塗ったり定着の良さを求めます。

アクリル絵の具の特徴その2がっちり固まる

家電とか(笑)なんでも!

おうちの方に叱られない程度に(不要品がベストかも!)何でもペイントしてしまおう!「我が家だけの、コレ。」をね♪



塗れなさそうでも

「はじいちゃって塗れない」そんなものでも、ジェッソやプライマーを塗ってしっかりと。塗りたくない部分は丁寧にマスキングテープなどを張って保護するときれいに仕上がります。さらに光沢を出したいときはツヤだし。鉛筆などでグリグリ書き足したいときはザラザラした面を作って、触れても大丈夫なようにコーティングしたり、「どう使いたいかな」って考えて仕込んでいこう!過程と完成の感動作!

・ ・ ・


・ ・ ・

アクリル絵の具の使い方のお約束

実はわたし
(アクリちゃん)

アクリル絵の具で描かれています。よんよんぷりずむのサトゥさんが紙にランダムに塗り塗りして、スキャンしたのをPCとフォトショップで切り取って誕生しました!そんなふうに、アナログだけどデジタルにもつかっちゃう。だってアクリル絵の具は乾くとスキャナも汚さないの。すごいでしょぉー?

おしゃれにも。

ネイルアートとか、アクセサリー作りにも使えるんです。キラキラのラメ入りや、ネイル用のアクリル絵の具もたくさん出回っています。

老若男女年齢を問わず

赤ちゃんは無理だけど、男性も女性も、老いも若きも何かにきっと使えるアクリル絵の具です。おもちゃづくりに、作品づくりに、美術品制作に、本当に楽しい現代の絵の具、楽しんで下さいね♪

まず何か塗ってみよう

アクリル絵の具はペンキに似た存在、と思えばイメージしやすいかも♪まずは水で薄めず、アイスの棒とか割り箸とかかまぼこ板とかにベターっと塗ってみる、少し時間を置いて触れてみる、乾いた部分乾いてない部分を楽しもう。乾いたらその上から花でもニコニコマークでも描いてみると「そういうもの」っていうのが掴めます。

・ ・ ・


・ ・ ・

アクリル絵の具の使い方トップページに戻ります

・ ・ ・

絵画販売店ヨンカクプリズム