はじめての アクリル絵の具の使い方

アクリル絵の具の使い方タイトル

アクリル絵の具で遊ぼう!2:”超”知っておこう



自己流・独学・アクリル絵の具の使い方:”超”注意点を知ろう
きりっとしたアクリくん
アクリル画に必要な用具がわかったら、
イメージトレーニングをしておきましょうか♪

どのような絵を描きたいかで多少の違いはありますが
絵の具や道具が無駄になってしまったり嫌になってしまったりする方は
結構いらっしゃいます。

最初は「えー、アクリル画って面倒くさそうだな」と思われるかも、
いやいや、ちょっとした「習慣」、楽しくやるための「儀式」と思って
アクリル絵の具に「おはよう!」「またね!」と声をかける気持ちで
接してあげて下さるだけでいいんですよ。



ひと手間の素敵♪まず覚えておこう!
アクリル絵の具はカチカチになるけれど実は「水ととっても仲良し」です

知っておこう
水滴のイラストアクリル絵の具は厄介な分、出来上がった絵は頑丈で、
いつまでも発色が良くて他を汚さないすぐれた絵の具です。
絵の具の水分が蒸発するとすぐ、アクリルの名のとおり硬くなります。
描くときに手間のかかる分、それ以上に仕上がったあとがラクなんです。

お水と一緒にいるときはでれでれとろとろ、好きなように扱えます
一旦水が離れてしまうとガンコ者に変身!
その特性をうまーく利用できるようにもっていけばアクリル絵の具の達人に♪

◆いちいちキャップを閉めましょう

絵の具を持つアクリくんのイラスト
アクリル絵の具はすぐに固まり始めます。
必要なだけとったらすぐにキャップを!

特にアクリルガッシュ(ざらっとしたもの)の乾燥は速いです。
色々な色を使って細かく描きたい時などは「絵描きとはふたをする人生なのか」
と思うくらいくるくるくるくる、開けたり閉めたりを繰り返します。

でも、慣れてしまえば絵を描く楽しさで忘れちゃいます


アクリル絵の具の注意点
口まわりが汚れたまま強く締めてしまうと
次回開ける時に首からもげたりするので、お口のまわりはいつもきれいに
拭いてあげましょう・・・

私はカチカチになったのをバカぢからでひねって何度も失敗してます・・・

アクレッシブな使い方をしているとキャップやねじ部分にこびりついてきます、
シャープペンシルの芯を出さない先の部分などでポコポコと掘り起こせますから
時々お手入れしてあげるのも楽しいものです。

キャップを閉め忘れて一晩放置すると、チューブごと「岩」になってしまいます。
(ちょっと大げさ♪)

◆筆、すぐに洗おう、よく洗おう!

固まるのが早いので、筆について固まったらガチガチです。
ちょっと食事・・・なんて間にカッチカチに。
手から離すときはまず筆洗に入れるようなクセをつけるといいかもしれません。
注:筆洗に放り込んだままにすると毛先が曲がっちゃうので気をつけましょう。

根本からよーく洗っておかないとわたしの筆のように
毛先しか使えないー!なんてことになります。
固まったのを無理にほぐすともう・・・・
筆を洗うアクリくんのイラスト
筆の扱い
水に入れる前に、用具のページでご案内した雑巾やウエス、不要な布などでしっかり拭いてから
筆洗でよく洗うのが効率いいです。
ゴシゴシして毛を痛めないように布に描くような気持ちで絵の具を移してくださいね。

◆お洋服やカーペットを汚さないように

服を汚してしまったアクリくんのイラスト
アクリル絵の具は布についたら落ちません。
色が染み込むのでなく繊維にへばりつくので漂白剤も効きません。
乾く前に速攻でお水でよくもみ洗いすれば色によりますが落とせます。

お洋服、カーペット、布団、カーテン、クッション、
気をつけましょう。
私はアクリル絵の具を使う前に周囲を整頓しておく儀式(笑)をします。
早く描きたいテンションが上がる作用にもなって一石二鳥!

★逆に、布についたら落ちない性質を利用してバッグなどに
オリジナルデザインを施すのもいいですね♪

◆排水にも気をつけよう!

筆を洗って汚れた水を流し台の排水に捨てたら
排水口のあたりをきれいな水で流しておかないとシンクだけでなく
配水管まで汚れが付着してとれにくくなります。
薄まったアクリル絵の具は・・乾けばビニール袋みたいなもの、ですよね。
こすれば落ちるのですが手の届かない配水管の中はどうなるでしょう。
パイプの中の油やカビ、髪の毛を溶かす液剤は売られていますが
アクリルには効かないと思うのです。
流しで筆を洗うアクリくんのイラスト
知っておきたい
そのためにも雑巾やウエスは不可欠です。
なるべく布で拭いてしまってあとは筆の毛の中の絵の具だけを洗う気持ちでいましょう

 

颯爽としたアクリくんのイラスト
アクリル絵の具って面倒臭い
・・・・・でもね♪つぎは、

●アクリル絵の具で絵を描こう!!遊ぼう!3:楽しみいろいろ編

1アクリル絵の具って何?編
1-2:用具くわしく編
2:知っておこう編
3:楽しみいろいろ編
4:専門技術を学ぶには
実技編1:水はともだち編
実技編2:飾る絵を描こう編


スマホ版はこちら








絵画・展覧会作品の販売